<Vol.11>「夏休みの課題図書 ―ウチダメンタルー」

子供達を指導していて、いつも腑に落ちない言葉がある。それは、メンタルが強い・弱いという言葉だ。皆様もよく使うと思います。負けず嫌いや我が強いのはメンタルが強い子、相手に強くいかないやシュートを外す子などはメンタルの弱い子ということか。

高校を卒業してすぐに鹿島アントラーズのスタメンで出場し、シャルケ04ではチャンピオンズリーグベスト4、日本代表では右サイドバックで活躍し度重なる怪我で昨年引退した内田篤人氏の著書「ウチダメンタルー心の幹を太くする術― <幻冬舎>」を取り上げます。
内田氏は、メンタルの上下の振り幅が少ないことが強い、上に下に振り幅が大きいと弱い、これを心の幹が太いと表現しています。なるほど!人は基本的にメンタルが弱い生き物だと思っています。まして子供はまだメンタルができていない幹が細い。心の幹は、様々な観察、気づきや多くの経験を通して太くなるものです。U12年代でメンタルの強弱でラベリングするのは早い、メンタルを強弱で語るのは適切ではない。これを読んでいて2人の選手を思い出しました。一人は皆があいつはメンタルが強いといわれた選手で、ある大会の決勝で負けて不貞腐れていました。私はまだまだだなと見ていました。その後、中学・高校と努力し成長し、大学でサッカーを続けています。もう一人はある大事な試合で点を取られ、切れたプレーをしました。私はすぐにその選手を下げ、試合そっちのけで叱りました。翌週に遠征大会がありそこでも試合に使いませんでした。「彼にどうする?」と質問したら、彼は「やります。大丈夫です」と答えてフィールドに出ていきました。これが正しかったかはわかりませんが、今、高校で活躍しているプレーを見るとメンタルの振り幅が少なくなっています。成長したな、嬉しい限りです。

著書の中で興味深い文章があります。メンタルと言って皆様はどこを指しますか。多くは心臓あたりを指すのではないでしょうか。海外の選手たちは頭を指すそうです。これは中田英寿氏も頭でしょうと対談で言っています(この対談も面白い)。それと心技体についてもわかりやすく説明しています。

子供たちの心の幹を太くする(将来、太くなる)にはU12年代の指導はどうしたらよいのでしょうか。やっぱりサッカーを大好きになってほしい、大好きなことは無我夢中でやるし壁があってもそれを乗り越える努力(行動)をする。それでは大好きにするにはどうしたらよいか。私は成功体験が一番だと感じています。それはシュートが決まった、相手からボールを奪えた、フェイントで抜けた、イメージ通りのパスが出せた等、無限にあるプレーの中に。成功するためには数知れずの失敗を重ねなくてはなりません。チャレンジする選手を育てることが一番だな。内田氏の著書を読んでU12年代指導の原点を再認識しました。

選手たちよ、チャレンジしろ!サッカーは無限だ!

最近はテレビでもよく見かける内田氏ですが、今後の活躍を期待しています。

<Vol.10>「夏休みの課題図書 ―教えないスキル その2―」

佐伯氏は「指導者は選手の学びのチャンスを創出するファシリテーター(潤滑油)にすぎない」と言っています。指導者は、我が強く自分の思うスタイル、理論のこだわりが強い。それが強すぎると視野が狭くなり他者の意見を受入れいれられなくなり、指導者の成長が止まってしまう。私たち指導者がよく口にする言葉で「勝つ・結果・相手」。「勝つには…」や「相手のフォワードが…」は選手がやること、実は指導者にはどうにもできない。また、「プレスが遅れているぞ」、「左が空いているよ」等は指導者が自分の答えを押し付けている。選手が考える機会を指導者が削除している、選手を主語にしないといけない(自戒の念)。
そこでビジャレアルの育成は選手に問いかけ、オープンクエスチョン「どうして?」「どのように?」を行い、選手は何をやっても、何を言っても受け入れられると心を開く。安心安全な環境を提供することこそ選手は成長できるのです。

「失敗できる環境を提供できることが選手として学びのチャンスを与える」

「日本のスポーツ界は一生懸命に頑張る文化はあるけど、選手が自ら考えて行動する文化がない」

これは、日本の教育の問題です。根が深い、でもここに挑戦しないといけない。

また、子供の成長スピードは個々で異なりその差は激しい。この年代は我慢の連続だと思う

  • 主観だけで考える癖をなくす
    「この選手はこういう選手」と主観でラベリングしない。
  • 自分の考えを一方的に伝達しない
    一方的に伝達するだけでは選手は何も考えず言うことを聞くだけ。
  • 答えに正解はない
    まさにその通りで、サッカーの答えに正解はない。不確実なスポーツだからこそ1点を入れる(入れさせない)ことのなんて難しいスポーツか。

そして、日本とスペインの練習時間の長さの違いです。スペイン(U12年代)では、週3日、1回当り75分、冬休みや夏休みもしっかり取る。指導者はより内容の濃い質の高い練習を用意するのが力の見せ所だそうです。また試合では、全員の出場が義務付けられていて、サスペンションが課せられる。日本では考えられない。日本はたくさん練習したら上手くなるという呪縛に皆が縛られている。このことはイチロー選手が高校野球を指導しているテレビ番組の中でも同じようなことを言っていました。

この著書の中には、気づきと内省がいっぱいあります。何度も読み返して咀嚼してこれからの育成に生かしていきたいと考えています。

 

いつか話を聞きたいな、いっぱい質問したいな。

日本サッカーの発展には育成しかない、これからも頑張ってください。

ありがとう、ゆりこさま!

<Vol.9>「夏休みの課題図書 ―教えないスキル その1―」

小学生時代、夏休みの宿題が出され遊びに夢中になり、夏休みの終わりが近づいて慌てて片付けていたことを思い出します。このコロナ禍でステイホームでもあるので、今回は夏休みの課題図書の感想を記したいと思います(笑)。

皆様、佐伯夕利子さんをご存じだろうか。佐伯氏はアトレティコ・マドリード女子チーム監督やビジャレアルCF育成責任者、そして2020年からJリーグ常勤理事で海外サッカーの育成に身を置いた素晴らしい女性の指導者です。佐伯氏が「教えないスキル ―ビジャレアルに学ぶ7つの人材育成術― <小学館新書>」を発刊しました。ビジャレアルCFのカンテラ(育成組織)は、スペイン代表に4名(2019年11月召集)、年代別代表の全カテゴリーに選手を送り込み、トップチーム25選手のうち11名がカンテラ出身(2019シーズン)で、スペインや欧州で最も堅実な育成機関です。

結論から言うと、指導者としての刺激や気づきが溢れていて半分は内省ですが、指導者の立ち位置、選手との関わり方など共感できることが多く勉強になりました。この育成方針が、本クラブで少しでもできれば成長を続ける選手を育てられる。サッカー選手を諦めても新しい道を歩き続ける選手を育成できると強く思いました。

冒頭、ショッキングな現実の直視から始まります。子供たちはプロサッカー選手に憧れ、親もプロの道を望みます。現実は、プレミアリーグのクラブでは9歳でアカデミーに入団する子供でトップチームデビューするのは1%に満たない。フットボーラー150万人のうちプレミアリーグでプレーしていたのは180人その確率は0.012%です。スペインではプロになれるのは2600人に1人で、その確率は0.038%です。プロへの道は非常に厳しい。そして、引退後5年で60%の選手が自己破産をしているそうです。でもサッカーには夢があり、楽しくて面白し、人を熱狂させるスポーツです。この現実から、ビジャレアルCFの育成は選手でなくなった時に責任を持ち人格形成にシフトしたのです。これから感想を記すが、育成に興味のある人はぜひ手に取って読んでほしい。では、次回に続きます。

<Vol.8>進路説明会を開催

卒業期を迎えた6年生の保護者に対して、緊急事態宣言の中、ZOOMを使い毎年恒例の進路説明会を実施しました。

中学でサッカーを続ける選手に対して、クラブチームと中体連(部活)の長所・短所や女子選手がいるので女子クラブチーム等の状況など丁寧に説明しました。

サッカーを続ける選手は自分が成長できるチーム探しを、ご家族と相談して決めてほしいと思います。また、サッカー以外に取り組む選手も高尾SCで身に付けたことを礎にチャレンジしてください。勉強すること、学ぶことが一番大事です、忘れないように。人は学び続ける生き物です。

追伸、明日6月3日にすごく興味深い日本A代表 対 U‐24日本代表(オリムピック代表候補)の試合が開催されます。当初予定されていたジャマイカ代表が新型コロナウイルス検査で不備があり入国できない状況になったそうです。こんな試合は初めてじゃないかな。

夢のような日の丸対決を楽しみましょう。皆様はどっちを応援します?

<Vol.7>日本代表、始動!そしてデュエル

桜が咲き、木々や草花が彩り生命感溢れる季節になりました。このコロナ禍で国際試合が全く実施されませんでしたが、日本サッカー協会や関係者の尽力でフル代表、U24日本代表の試合が観客を入れて行われました。テレビの前でやっと始まったなというのが印象で、サポーター達の声援がなく手拍子や太鼓での応援でしたが、久しぶりに楽しみました。

U24日本代表は強豪、アルゼンチンU24代表を招き、初戦は0対1で落としましたが2戦目は3対0で完勝でした。この年代は今まで対人プレーが弱い印象がありましたが、デュエルが本当に良くなった、負けてない。特に、海外に挑戦している選手たちの成長は目を見張るものがあります。以前に、池上正 氏と話したときに「若い年代が海外に挑戦することは大切なこと」と話していたことを思い出しました。

U12年代の育成にも「ボールを奪う」ことは重要な基礎の一つだと考えています。すごいドリブルやキック力がなくても、これだけができればとも思います。相手との間合い・読み、身体の使い方、ポジショニング様々なことを判断してボールを奪う、これが自然にできるプレー(習慣)になれば素晴らしいことです。
U12年代の育成でここが弱いと感じています。これからしっかり指導しデュエルが習慣のプレーとして身につけ、中学年代へ繋げていきたいと思います。「デュエルは基礎」高尾の選手たちは、へそビームとニトリだからね。

<Vol.6>Jリーグ 2021シーズン開幕

Jリーグ2021シーズンが開幕しました。このコロナ禍で家にいることが多くなり、スポーツ好きな人たちにはストレスが溜まっていると思います。サッカーに限らずスポーツは人の心を豊かにしてくれるとつくづく実感します。

さて、日本サッカーが世界との距離をなかなか縮めることができないなと感じながら、FC東京と浦和レッズの開幕戦をテレビ観戦しました。一言でいえば両チームともお互いの特徴が出て面白い、楽しいサッカーでした。

徳島ヴォルティスをJ2優勝に導いたロドリゲス監督を迎えた浦和レッズが良い。前を向くプレーが多く、FC東京のハイプレスを浦和DFがボールを下げずにFC東京DFの間で浦和MFにボールをつなぎ、裏を突きゴールに向かうプレーやマイボールをロストした時の回収の速さは心が躍ります。特に浦和レッズの小泉佳穂選手のオフザボールの質・動き・パスや運動量は見ている者を釘付けにします。前橋育英高校から青山学院大学、そしてJ2のFC琉球から今シーズン新加入した選手ですが、小柄ながら自分のプレースタイルを持ち、クレバーで努力しているなと感じる選手です。浦和レッズの18番は注目です。<ぜん、前橋育英高校の先輩には素晴らしい選手がたくさんいるので、ぜひ参考にしてください。>

今シーズンは、川崎フロンターレが開幕戦を勝利しましたが他チームが独走を阻止できるか、2年目の三苫選手は活躍できるか、大学出身ルーキーの活躍はあるか、小野伸二選手のコンサドーレ札幌へのカムバック、キングカズのJ1最高年齢得点など話題がたくさんあります。Jリーグの発展が世界のサッカーに近づく道です。ぜひ、Jリーグ2021シーズンを応援しましょう。
追伸として、この開幕戦の解説者が中村憲剛さんでした。選手目線の解説は面白いというか深い。杉本選手の後ろからのボールコントロールや縦パスの意味、西川選手のパントキックの質、選手交代のタイミングそして何よりも浦和レッズのキャプテン阿部勇樹選手がとった1点の意義など、さすがだなと楽しませてもらいました。この解説を見ていていつか素晴らしい指導者としてグランドに戻ってくるのは間違いないと感じ、これも楽しみです。
春が近づき少しずつ暖かくなってきましたが、この新型コロナウイルス感染が終息し、選手たちがグランドいっぱいにサッカーボールを追える日が来ることを祈るばかりです。

<Vol.5>U12年代のヘディング練習について

今回は、U12年代のヘディング練習について、興味深い記事がありました。

イングランドサッカー協会は11歳以下の選手のヘディング練習を禁止する指針をだしました。米国でも2016年に同様な運用がされ、欧州サッカー連盟も若年層を対象にヘディング練習を極力減らす方針のようです。発達中の選手達の脳を守るのは世界のトレンドです。また、Jリーグでは脳震盪による交代枠を導入し、選手に無理をさせず安全確保を考えての決定です。

この報道で気がついたことが二つあります。一つは、ヘディング練習に一定の時間を割いているな、この年代はキック力が未熟なので、ヘディングの技術は中学からでも間に合う。ヘディングよりも足や頭以外での浮いたボールのコントロールを身につけることが先決だと再確認しました。

二つ目は、小学校高学年の試合でGKからのゴールキック、パントキックからの展開で、ヘディングの競り合いが多く見受けられます。基本はグランダーでパスをつなぐ、スペースを使う、「ボールを運ぶ・つなげる」の基本がしっかりできる選手を育成することが重要だと考えます。

海外のサッカー関係者がJリーグを観戦してテニスやピンポンを見ているようだというコメントを聞いたことがありますが、今年度の川崎フロンターレはパスを繋ぐサッカーで、他を圧倒的する強さでJリーグ・天皇杯を優勝しました。川崎フロンターレのボールをつなぎ、DFラインを崩す創造性の高いパス、三苫選手のドリブル・アウトサイドキック、家長選手の攻撃の起点やゴール前の勝負強いプレーは見ているものを魅了しました。そんな中、ミスター川崎フロンターレ 中村憲剛選手が引退しました。中村選手に続く選手が育ち、今の川崎フロンターレの基盤を作ってきた選手です。府ロクサッカークラブのOBである中村選手、お疲れ様でした。これからも日本サッカーの発展のために活躍することを期待しています。

<Vol.4>新年のご挨拶

あけましておめでとうございます。

令和3年が始まりましたが、コロナの感染拡大は続き未だに終息が見えない状況です。昨年は制限の中で活動してきましたが、再度、緊急事態宣言が発出され再び活動が一時停止になってしまいました。選手たちには本当に申し訳なく思っています。今は、世界が我慢して戦っています。グランドを走り回り、ボールを思い切り蹴れる時が必ず来るので、それまでこのコロナに打ち勝つために頑張りましょう。

そんな中、高尾SC31期卒部生の日野翔太君が第99回全国高校サッカー選手権大会に堀越高校のキャプテンとして出場し、チームを引っ張る大車輪の活躍でした。「しょうた、ベスト8おめでとう!」部員たちの目標であり、憧れです。これから益々の活躍を応援しています。

<Vol.3>女子サッカーについて

こんにちは、高尾SCの天狗です。

6月7日からFIFA女子ワールドカップ2019 第8回フランス大会が開催されます。

第6回ドイツ大会では澤穂希選手が決勝アメリカ戦で延長後半、宮間選手のコーナーをニアに入って同店ゴールを決め、その後のPK戦を制し初優勝したあのシーンは私たちの胸に焼きついています。

前回カナダ大会は決勝でアメリカに敗れ準優勝でしたが、ここ最近の日本女子サッカーの進歩は目を見張るものがあります。

その影響で少女の選手が増えたことは日本のサッカー界だけでなくスポーツ界にとってとても有意義なことです。

私達のクラブでも女子選手が入部し、男子選手と一緒にサッカーをしている姿はサッカーというスポーツの素晴らしさを感じます。

私が府中で指導していた時に(古い話で年がばれますが)U12年代の澤選手の試合を見たことがありますが、彼女がチームを引っ張り男子選手にあたり負けなく、相手チームの男子選手の方がビビッてました(笑)。

試合開始の握手するのを相手チームの男子選手が照れていたことも思い出します。

その当時、女子選手がほとんどいなかった時代に澤選手を育成した府ロクサッカークラブのコーチングスタッフには敬意を表します。

澤選手は間違いなく日本女子サッカーをけん引しました、本当に感謝です。

さあ、なでしこジャパンがどんなサッカーを見せてくれるか楽しみです。

少女たちの夢をのせて躍動し活躍することを期待します。

皆様で高倉なでしこジャパンを応援しましょう。

頑張れ!なでしこJAPAN!!

<Vol.2>育成の原点

<育成の原点>

こんにちは、高尾天狗です。

小学生からサッカーを始め、大学生から出身クラブのOBとして少年サッカーの指導に携わり、高尾SCで多くの選手を育成してきました。

 

当初は、市民大会に優勝するぞ、都大会に出るぞと指導していました。

それなりに結果がでましたが、中学・高校とサッカーを続ける子供、活躍する選手が出てこない。

「どうしてなんだ」「何かおかしい」と悩んでいた時に、池上正さんの著書に出会いました。

やっぱりそこが肝かと腹に落ちました。

選手はコーチ(他人)が指示してプレーするのではなく、選手が自ら考え判断してプレーすることが一番大事だと教えてくれました。

これは、生きていくこと、人生そのものです。

 

私には、3人の息子がいます。

長男、次男とも私が指導に関わりましたが、この時代の選手達にはここでお詫びするしかありません。

選手達の可能性を潰してしまっていたことを。

今、育成していることの半分も指導できていないことを。ごめん。

 

その後、私の育成方針は変わりました。

「選手に考えさせよう」「リスクを冒して(失敗を恐れずに)チャレンジさせよう」これがすごく難しい、我慢の連続、まだ発展途上で道半ばです。

サッカーはボールをゴールに入れる(入れさせない)シンプルなスポーツです。

選手達は、ゴールのために考え、動き、ボールをゴールに入れる(入れさせない)。

シンプルだけど、なかなかゴールできないスポーツがサッカーの奥が深いところです。

だからこそ、世界で最も人気のあるスポーツがサッカーだと思います。

子供達が、サッカーをすることは、英語を習得すること以上に、コミュニケーションツール(世界共通ツール)を得ることになると考えています。

日本代表監督をされたイビチェオシムさんは言いました。

「サッカーに人生のすべてがあると」もちろん、スポーツには勝ち負けがあることは、すごく大事なことです。

 

しかし、U12年代は、勝負にこだわり過ぎては駄目だと痛感しています。

このコラムは、私の懺悔から始まりましたが、サッカーの偉大さに感謝してこれからサッカー指導に関わって気が付いたことを話していきます。

 

また、皆様とお会いできることを楽しみに。